魚崎駅で通信制高校を選ぶならどこがいい?4つの卒業しやすいおススメな学校の選び方など

魚崎駅で通信制高校選ぶならどこがいいの?

どんな風に通信高校は選んだら続けられるんだろう?

ムリなく卒業できる通信高校を選びたい!

通信高校選びって、ほとんどの人がはじめての経験だと思います。

だからこそ色々迷ったり不安に感じてしまいますよね。

けれども失敗しない通信制高校選びは、ポイントさえ抑えれば結構カンタンなんです。

su

こんにちは!「やさしい通信制高校えらび」編集部員の白戸です。

こちらのページでは、魚崎駅でムリなく卒業できる通信制高校選びのポイントについてわかりやすくまとめました!

5分程度読んで行くだけで、どう通信高校を選べば楽に卒業しやすいのかわかるように解説しています。

それではご案内いたします!

通信高校は学費や卒業できるか等の進路に不安を感じがち

通信制高校の入学を検討する時、多くの人は卒業できるかとその後の進路について不安に感じがちです。

通信制高校に期待すること・不安なことのアンケートによると、通う人が一番不安に感じるのは「卒業と進路」という結果が出ています。

通信制高校への不安ポイント

引用:通信高校ナビ「通信制高校に期待すること・不安なことのアンケート」

毎日通う全日制高校じゃないので、自分で勉強して卒業できるのか?

卒業できたって全日制より進路はよい物を選べないのでは?

と感じてしまう人が多いんです。

su

でも実は通信制高校は卒業率が高くて、進路だって決しておかしい事にはならないんです。

次の項目ではそういった、通信制高校の卒業率や進路について解説します。

卒業率とその後の進路について

進路

通信制高校に通う人の卒業率を実際に調べてみると、実は結構高い事がわかります。

卒業率

公立通信制高校・・・約93%(公立全日制は約99%)
私立通信制高校・・・約95%(私立全日制は約98%)
参照:文部科学省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」

全日制と卒業率に関しては、ほとんど開きは見られません。

では進路に関してはどうでしょう。

全日制・定時制・通信制を比べてみると、大学や専門学校への進学の進路状況はこんな感じです。

進学率

全日制・・・約70%
通信制・・・約40%
定時性・・・約30%
参照:文部科学省「定時制課程・通信制課程高等学校の現状」

全日制の方はもちろん高いですが、通信も約2人に1人は進学する事ができています。

就職率にいたっては、全日制と通信はほぼ変わらない数値です。

su

通信制高校は卒業しやすく、進学だって望めばちゃんと出来ます。

下手に評判の悪い学校に行くよりは、卒業率や進学率は高いかも知れませんね。

魚崎駅の通信制高校で一年にかかるお金と助成金について

お金と助成金

通信制高校に通うとどの位の学費がかかるのか?私立と公立によって違います。

通信制高校の学費の違い

・公立・・・年間3万円程度
・私立(通学)・・・50~120万前後
・私立(自宅)・・・25~45万前後

公立の方が値段はもちろん安いですが、けれどもサポートが薄く自分で結構頑張らないといけません。

逆に私立は値段が高い分、しっかり勉強や卒業までのサポートを行ってくれます。

値段は通学回数が多いほど学費は上がりますが、学費の高さに比例して最大95万円もの助成金が支給されますので安心してください。

su

学費が高ければ高いほど、助成金も多く支払ってもらえる傾向です。

なので学費で学校を選ぶのではなく、勉強や卒業のしやすさ等で通信高校を選びましょう。

魚崎駅での通信制高校の選び方

通信の高校にはいくつか種類が有る事をご案内致しましたが、結局は「どうやって入学する通信制高校を選ぶか」が大事。

ここからはそういった、卒業までスムーズに学べる通信制高校の選び方についてわかりやすくご案内いたします。

通学範囲や登校の頻度から選ぶ

通学範囲や登校の頻度

高校選びの際には、通学の通いやすさや頻度から選ぶ事が大事。

いくら通信制高校だと言っても、まったく高校に通わなくていいわけではありません。

短期にまとめて通学するスタイルや、週に一度通学するタイプなど学校によってさまざまです。

自分のペースに合った頻度&魚崎駅から通いやすい学校を選んでください。

勉強のサポート体制や学科の特徴で選ぶ

勉強のサポート体制や学科の特徴

生徒へのサポート体制や、あなたが学びたい学科が有るのかも通信高校選びではとても大事。

通信高校でも、卒業までには単位をしっかり取らなくてはいけません。

どうせ学ぶなら、自分がおもしろいと思えるような学科を受講したいですよね。

学校によっては芸能や音楽だったり、マンガやアニメとかゲーム学科など豊富にカリキュラムが用意されています

なのであなたにとって、どういう学科とどんなサポートが学びやすいのかを比較する事が大事です。

転入や編入が可能な時期かどうかで選ぶ

転入や編入が可能な時期か

これまで通っていた高校が合わないから、通信高校を選ぶ人も多いです。

でもどの学校がいつでも転入・編入を受け入れOKなわけではありません。

転入(中退期間なく学校を変える事)については、随時受け入れてくれる高校が多め。

一方編入(一度中退した期間が有る場合)だと、いつでも受け入れてくれる所と、4月か10月と言った時期が決まっている学校も有ります。

なので転入や編入を考えている方の場合には、タイミングが合っている学校かどうかを見極める様にしてください。

いい加減に通信高校を選ぶとトラブルの元

いい加減に通信高校を選ぶとトラブルの元

全国に通信制高校は250を超える数が有ります。

その中から自分に合った条件の高校を選ぶ事は、かなり大変ですよね。

「どこも一緒だよ」といい加減に高校を選ぶと、勉強するのをサボってしまったり、卒業できないなんて結果になる事も。

高校卒業の資格は、今の時代は必須。なので卒業しやすい高校選びを行ってください。

そこでおススメしたいのが、カンタンな質問に答えるだけで自分に合った学校がわかる、通信制高校の比較サイトの利用です。

自分にとって学びやすい学校を、数校に絞って資料を送ってくれます。

あなたの要望にあった通信高校を、じっくり比較・検討するのが効率的な高校選びですよ。

ズバット通信制高校比較を利用する流れ

キャプチャ1

本サイト「やさしい通信制高校(https://springreen.jp/)」では、全国の通信制高校の比較がカンタンにできるサイト、ズバット通信制高校比較の利用をおススメいたします。

住んでいる地域や入学の目的、学びたい学科などから、あなたにピッタリ合った学校の資料を一括で収集できます。

Web上で2分程度の入力で完了し、無料で行えて、賢く資料請求を行う事ができます。

資料請求の流れは下記のようになっています。

・無料診断であなたに合う学校を調べる ・診断結果で出て来た複数の学校に資料請求 ・資料をもとに比較・検討・説明会の参加など
くわしく流れを説明します。

質問に答えて適正な通信高校を選ぶ

キャプチャ2

公式サイトにアクセスして「無料診断スタート」というボタンを押すと、下記の様な質問が始まります。

参考:ズバット通信制高校比較公式サイト

キャプチャ3


キャプチャ4


キャプチャ5

あなたが学びたい分野や、通える頻度、住んでいる地域などの質問に答えると、下記の様な「あなたはどんな通信高校が向いているのか」診断結果が出てきます

キャプチャ6

この画面を下にスクロールしていくと、あなたの条件に合った通信高校の一覧が出てきますので、「送付先の入力」ボタンを押します。

キャプチャ7

資料の送付先を入力する

キャプチャ8

すると資料を送付する先の情報入力フォームが出てきますので、入力して「確認画面へ」のボタンを押します。

※ISO等の情報セキュリティの厳しい資格をクリアしたサイトなので、しつこい連絡や個人情報が洩れる心配もありません。

キャプチャ9

その後出て来た確認画面に誤りがなければ、「資料請求する」ボタンを押せば完了です。

大きく分けてカンタンな3ステップで、自分に合った高校への資料請求を一括で行えます。

管理人がおススメする自分に合う高校が探せる

↓↓↓

ズバット通信制高校比較

資料が届いたら相談会や説明会に参加して決めよう

学校説明会

入力完了してから数日で、あなたの手元に請求した資料が届きます。

内容を確認して気に入る学校が有れば、説明会や相談会は面倒でも必ず参加する様にしてくださいね。

資料だけではその学校の雰囲気や、生徒に対する姿勢は感じ取れないものです。

なので説明会などの機会が有れば、必ず参加する様にしてください。

説明会などでは一度資料請求した事を伝えると、学校側もくわしく相談にものってくれやすいです。

魚崎駅付近の通信制高校の種類と特徴・メリットデメリット

ひとえに通信制高校っていっても、いくつか種類があるのってご存知でした?

大きく分けると私立公立それぞれに広域制と狭域制の高校が存在します。

私立は広域通信制高校が多い

広域通信制高校

一般的に私立は広域性の通信高校が多いです。

広域性通信高校とは、全国もしくは3つ以上の都道府県のエリアで生徒を受け入れているスタイルの高校です。

このタイプの高校は、主に私立の事がほとんど。受講できる学科もさまざまです。

通う事が難しいので、合宿形式で5日程度まとめてスクリーニングをうけます。

もしくはサテライト的な地域に分散している会場でスクリーニングを定期的に受講するスタイルです。

普段はeラーニング等のオンラインで授業を受けるタイプです。

su

広域性の方が自力で学習しなきゃ…と考えがちですが、その逆です。

私立が多いので、サポートしてもらいながら卒業できる仕組みになっています。

公立は狭域通信制高校がほとんど

狭域通信制高校

狭域制の高校は公立の通信制高校が多いです。

学校が有る都道府県と、隣接する都道府県の生徒を受け入れています。

狭域制通信高校の場合には、週に一度スクリーニング授業を受ける為に通学が必要です。

su

大きなデメリットは、広域通信制高校より学科の数が少ないこと。

将来なりたい職業が決まっている人には、あまり狭域制高校は向かないかも。

魚崎駅で通信制高校を選ぶポイントまとめ

通信制高校はあなたのスタイルに合った所を選べば、スムーズに学べて卒業できます。

卒業後の進路だって、普通に進学や就職を選べます。

その為には魚崎駅から通いやすくて学びやすい、自分に合った通信高校を探してくださいね。

管理人がおススメする自分に合う高校が探せる

↓↓↓

ズバット通信制高校比較